スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HAPPY BIRTHDAY☆相葉ちゃん 
相葉ちゃん、30才のお誕生日おめでとうございます\(*^∀^*)/


相葉ちゃんが三十路だなんて。
感慨深いというか…
やっぱり信じられない(笑)

とびっきりのキラキラな笑顔に、いつも元気をもらってます
ほんとにありがとう


この前ちょっとだけ触れた「TVガイドPERSON」のインタビュー。
お誕生日のお祝いの言葉に代えて、
今更ではありますが内容をご紹介したいと思います。

嵐さんたちを2001年から取材し続けているという橋本達典さんのテキストが
30才の節目を迎える相葉ちゃんの今を、すごくよく引き出してくださっていて。

構成もね、美しいの。
ひとつも間に合わせで入れたようなエピソードがなくって。
限られた字数の中に、選ばれた言葉たちが丁寧に並べられてるのね。

そこから、私なんぞが抜粋させていただくのは
ほんとに申し訳ないのですが、
全文載せる訳にはいかないので、
特に心に残ったことを、ここに書き留めておきますね。


-(30歳を迎える)周りの反応はいかがですか?(略)

「最近、こうした場で『誕生日までにやりたいことは?』とか聞かれるけど、
とりたててやり残したことが思い浮かばなくて…。
これまで通り、“ひとつ、ひとつ一生懸命やっていきます!”ってだけで。
一つ歳をとったからって、スタンスは変わらないと思う。
だから上手く答えられないのが申し訳なくって。」



-理想の大人像みたいなものはあった?

「誰っていうのはないんだけど、自分というものを、強くもっている人。
いいときも悪いときも必ずあると思うんだけど、ブレない人。
周りに流されない人には、憧れますね。」



-そういう、自分の中で確固たるものは見つかりましたか?

「そうですね…その時間、ですよね。
昔より確実に1日でやることが多くなってて。
それはもう、比較にならないくらい、ものすごいスピードで時間が流れちゃってるのね。
で、そこに乗り遅れまいとギアを上げたり、
その仕事、その仕事でベストを出そうとがんばると、
ストレスや疲れが溜まるんですよ。」



-時間がない中、ベストを出そうとすると睡眠を削るとか、何かを犠牲にしたり?

「それもあるんだけど…すごい時間の流れに追いつくために、集中力が必要になって。
研ぎ澄ますと、やっぱり疲れるんだよね。」



-アスリートみたいだ。(略)

「だって、自分のスキルが飛躍的に上がるわけじゃないから…そこになるんだって。
だから、さっきの質問の答えになってるかわからないけど、
集中力をもって、仕事でベストを尽くせるか。それが目指しているところ。」


ここで不覚にも、目頭を熱くしてしまった。
たぶんに思い入れもあるのだが、「国民的」と言われるまでになった中、
どんな多忙を極めているのか。
わかっていたつもりだったが、どれほど陰で努力をしてきたのか…。
そして冒頭では天真爛漫と書いたが、そんな状況にあるにもかかわらず、
言葉の端々に見える気遣い、優しさ。
これが相葉雅紀の魅力なのだ。



中盤では、この「集中力」について。
宮田慶子さん演出の舞台をやっていた時の集中力と、
連続ドラマや映画での集中力の違いや、
集中力を高める秘訣について語っていますが、
ぜんぶ載せるわけにいかないので…(泣)


-これまで壁にブツかったことは?

「ドラマや映画の仕事、バラエティの仕事、舞台の仕事。
どれも好きでやってるから、できなくて悩んだり、
“もっとこうしておけばよかった…”って落ち込むことはあっても、
壁だとは思わないね。
そんなときに支えてくれる…
これは自慢なんだけど、宮田先生しかり、志村(けん)さんしかり。
嵐のメンバーはもちろん、すごくいい人に巡り会えてますし。」



「宮田さんと志村さんは特別な存在。このまま2人の話をしたら朝までかかる。」
という相葉ちゃんの言葉を受け、話題は1月からの主演ドラマ「ラストホープ」へ。(笑)
そして最後は、嵐の今について。


(また深夜番組がやってみたいという言葉を受けて)
-さすがに嵐では、もうムチャできないか。

「そうじゃないけど、なんて言うか…
嵐ってさ、みんなが作ってくれるものなんだよね。
自分たちなんだよ?
でも、応援してくれるファンの人たち、支えてくれるスタッフの人たち。
嵐にかかわるいろんな人たちの思いが、そこに集まっているから…。

自分たちの手の届かないものではないし、そうしたくはないし、
そうなったらダメだとは思っているのね。

このすごいスピードと責任のある中で、自分たちを見失っちゃいけない。
そりゃあ、たまに戸惑うこともあるけど、そこは5人で頑張って…。

嵐を取り巻く状況なり環境なりが少しずつ変わっていく中、
気持ちだけは変わらずにいなきゃって思いは、常にあるよ。」



-再び、目頭が熱くなってきました。

「(笑)ね、言ってることは、なんとなくわかるでしょ?
もちろん、自分たちが思う嵐でいたいんだよ。
そこをどうバランスをとって、自分たちをコントロールしていくか。。

(中略)
今は目の前にある、ひとつひとつのお仕事を頑張っていこうよって、言い合ってる。
で、その時のベストを尽くして、結果を出し続けていく。
それがまた、僕たちの新しいスタートになっていくんじゃないかな。」



今年を漢字一字で表したら、「一緒」って答えちゃったり、
MCで「可愛い子猫ちゃん」なんて言っちゃうのも相葉ちゃん。

そんな、天真爛漫であわてんぼうなキャラが際立っているので
普段あんまり感じることが少ないけれど、

周りをよく見て、しっかり考えて行動しているのも相葉ちゃん。


相葉ちゃん。
あなたは、優しさゆえに揺れ動くことはあっても、
しっかり自分をもっていて、ねっこはブレない人だなあ、って思いますっ!

これから、ますますカッコよくて可愛い大人の男に磨きをかけていってくださいね^^

相葉ちゃんの30才が、笑顔の絶えない毎日でありますように…


スポンサーサイト
 

秘密にする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。