スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子供の絵がもうすぐ完成♪ 
今朝のラジオは、聴いててほんとに嬉しかったなあ♪

最近ちょっとはゆっくりできて、
絵を描く「自分の時間」を過ごせていたんだなって分かって^^

そうなんだろうな、そうだといいなと思っていても、
情報がないと、ちょっと寂しい(笑)

それでは、2月12日(火)のARASHI DISCOVERYです!

  

おはようございます!嵐の大野智です!
今日のひとこと、カモン!
「一番多忙な人間が、一番多くの時間をもつ。」

はあ、なるほどねっ。
わかるなあっ。
これ、わかるよ。ふふっ。

これは、スイスの心理学者、アレクサンドル・ピネさんの言葉です。
矛盾しているように聞こえますが、考えてみると、なるほど!と思います。
え~、忙しい人は、スケジュールを一生懸命考えるので、
時間を有効に使えるという訳です。

そうなんです。
あるよね。
なんか、そのお、忙しいと、
ま、僕なんか、その。ね、絵え描きたいとかさ。
忙しいけど、時間は自分で作って。
その間に描くとかね、よくやってましたからね、うん。

最近はね、ちょっとゆっくりなんですけど。
やっとね!
やっと描いてます!
すいませんでしたね、ほんと。遅くなりまして。
最近ちょっと、少しゆっくりの時間があったんで、描いてます。

ま、改めて言いますと、
ちょい、一年半前くらい前ですか?
ふふふ、2年?
子供の絵を描こうともって。
で、子供の顔まで描いたんです。

で、そっから、なんやかんやで。
で、なかなか、ちょっ、気持ち…
かっ、描くっていう、エンジンがかかんなかったんでしょうね。
うん。
そこで、あのお、ま、いろいろ
いついつまでに描くからとか。
この、ねえ、ラジオでもゆってましたけど、実行せずで。
うん、ちっと。
も、しょ~もない自分がいましたよっ!

しかしねっ!
ようやくっ!
やっぱね、絵っていうのはね、エンジンかかんないと描けないんだなって。
で、最近やっとエンジンかかって。
ら、もう、早いねっ。
からだ、も、完成しちゃったから。

ちょっと2日間ね、ゆっくりな日があって。
ほんで、も、これはもうチャンスだともって。
で、午前中起きて。描き始めて。
ほしたらもう、2日でね、終わっちゃったよ。

今までなんだったんだって感じ。
ふふふ、ほんとに。
早いねっ!
や、すんごい集中力だったけど。

ま、あれ裏も描くんで。
まっ、まだ、完成ではないんだけど、表もね。
あのお、一通り、描いたから。
なっ、次は裏を描いて。
で、なんだかんだいったら、2月中には、ぜったい、終わるんだよね。うん。

いやあ、これはちょっと、今年は期待できますよ。大野さん。
いや、いい感じに進んでおります。
皆さん、過程をどんどん、この番組でもゆっていきますので、
楽しみにしていてください!

以上、大野智でしたっ!

栗>はあい。
いやしかし、2日続けて休みがあるのが、久しぶりっていう大野くんの忙しさ。
だから、その貴重な2日を絵に使おうっていうぐらいですから、
普通ね、買い物行きたい、ジーパンが欲しかった、
え~、なんかどっかのんびりしたかった、旅行行きたい、温泉つかりたいじゃなくて、
絵を描こうってわけですから、やっぱ本職なんじゃないかなと思いますね~。
ぜひ、その人物像。楽しみにしたいと思います!


リクエストは「Step and Go」
曲の終わりで、栗ちゃんのコメント♪

栗>いや、久しぶりですね。この曲。
当時、気に入ってた覚えがあるので、目が覚めました。
ありがとうございました。



  

ステゴーで目が覚めた栗ちゃん。
寝ながら1時間DJできるなんてさすがです(笑)

絵の話題の後で、ステゴー。
個展のことを思い出したんだろうね^^


今年に入って、子供の絵の話をしたとき(1月24日でした)に、
載せようかどうしようか迷って、下書きだけしてた
「プラスアクト2011年11月号」のロングインタビュー。

黒猫さとしくんのグラビアのですね。

サトシックさん的には、有名すぎて今更な内容でしょうけど、
これ、どこかで残しておきたいなあとずっと思ってまして。

今日の話に関係するところを抜粋してみました。


映画「怪物くん」の撮影中(2011年1月6日~3月8日)に、
子供の怪物くんの絵を描いていたという話題や、
昔ほど自分で期日を決めて追い込んで描かなくなった、という話題のあと。

「でもね、今年中に完成させなきゃいけない絵が1個あるんだよね」

そうなの!?
「怪物くんを描き終わって、描き始めた絵があるんだけど」

それはどうして描き始めたの?
「それはね、怪物くんの終わりぐらいの時に、もう次描くの決めてて。」

もう決めてたんだ(笑)。
「なんか、浮かんじゃったんだ。
だから、早くそっちを描きたくなっちゃって(笑)。
終わってすぐ描き始めた。
それで…震災があったんだ」


そうか。撮影が終わったのが3月8日っていうことは…そうだね。
「そう。それで、ちょっと描いてなかったんだけど。
でもね、今描いている絵は、日本人の子供が侍のちょんまげして、
裸にふんどしで立ってるの。
それがかわいいなあって頭に浮かんで、これを描こうと思って始めた。
で、顔をちょっと描いたら震災があって。
震災の前から自分が描こうと思ってたものと、震災の後の状況がリンクしちゃって…」


うんうん。
「日本が今、丸裸にされちゃったような気がして…
でも、ふんばって立ってるっていうこととか。
その“裸で立ってる”絵の後ろに、希望の光みたいなものを描こうと思ってたから…
だから、この絵は絶対今年中にかきたいんだよ」



絵の「表」「裏」については。

(奈良さんからの影響について話したあと)
「あと若冲の影響もある。絵の裏側からも描き込んだりとか。
それまでって、表にバーッと好きなものを描いているだけだったから…
やっぱりね、影響を受けているんだろうね。
怪物くんの絵は表に描いてリアルに出来たし自分の中では満足したんだけど、
そこにもエネルギーはあると思って。
描いている時の気持ちとか。
で『こいつ(怪物くん)を“生きさせたい”』って思ったの。
だから裏にも描いた。
裏から、怪物くんの絵を透かして。そのシルエットで枠を描いて。
その骨から描いたのね。」


骨?
「あの…まず表の絵を先に完成させて。
奈良さんだったら、肌色塗ればいいところに、色んな色を塗っていって、
その上で肌色にするじゃん。
それを俺は裏から…まず骨組みから描いて」


それに血管をめぐらせて筋肉をのせてっていうこと?
「そうそう。そういう風に重ねていった」

うわぁ(絶句)。
「超楽しかった!」

それは、初めてやった事だね。
「そう。そうすると地の厚みもあるけど、怪物くんが“ブ厚く”なる。
表も裏もやってるから。ただの“絵”じゃないみたいに感じて」


確かに“生きさせ”た訳だよね。血が通って、肉がついていって。
「そうそう、奈良さんの場合は、そういうのは全部消しちゃうじゃん。
もちろん作品の中には詰まってるけど。
俺は、それはもったいなと思って(笑)」



今、描いてる子供の絵にも、血が通って、肉がついて。
智くんの筆から、もうすぐ命がうまれますね^^

2011年のインタビューの時とは、
また気持ちにも変化はあるかもしれないけど。

「希望の光」を描きたかった。
だから、その年のうちに完成させたかった。

けれどスケジュールが忙しくて描く時間が取れなかったり、
思い入れのある作品だからこそ、簡単に描き進めることができなかったり。

その作品が、もうすぐ完成するって。
なんだか、胸がいっぱいになっちゃいました…

智くん、次の「過程」も楽しみにしてますよ~\(^▽^)/


スポンサーサイト
 

秘密にする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。