スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「今日の日はさようなら」を観て・・・ 
数日前のニュースで恐縮です~

感想を書く前に、せっかくだから残しておきたいなあ、と思いまして^^

「今日の日はさようなら」
ドラマのブルーレイディスクの売上で記録を出しましたね!

智くん、出演者、スタッフの皆さま。
おめでとうございます!

【オリコン】嵐・大野主演作がドラマBD最高の初週売上
 昨年8月に日本テレビ系『24時間テレビ 愛は地球を救う』内で放送された
嵐・大野智主演ドラマのBlu-ray Disc(以下BD)
『24HOUR TELEVISION ドラマスペシャル2013今日の日はさようなら』(1月22日発売)が
初週1.5万枚を売り上げ、2/3付オリコン週間BDランキング総合2位に初登場した。

 本作の初週売上1.5万枚は、同じく大野が主演したフジテレビ系ドラマ
『鍵のかかった部屋 Blu-ray BOX』(2012年10月発売)の1.3万枚を1年3ヶ月ぶりに上回り、
ドラマBD歴代最高記録となった。

 同日発売のDVDも初週1.3万枚を売り上げ、同日付週間DVDランキング総合2位に初登場。
BD/DVD両ランキングのドラマ部門で1位となった。


オリコン



いい作品=売れる
必ずしもそうはいかない中でも、
智くんが関わった作品は確実に売れていますよね~

智くんが、一人でも多くの方に観ていただきたい、と話していたこの作品。

こうやって話題になることも、
24時間テレビのドラマなんて・・・って敬遠している方が
ちゃんと生きて、そして旅立っていったこのひとりの青年と家族のドラマを
観るきっかけになってくれたらいいですよね・・・


さて。
発売日の前日の21日に楽天さんからわが家に届いていたブルーレイ。
22日の夜に、本編とメイキングを通しでみました。

去年の8月には、書けなかった感想を
書いてみようかと思います。

去年の夏は、耕太くんのことがずっと頭から離れなくて、
いつも涙目だった気がするよ。

ドラマを最初に観た時も、
何度か観返した時も、
たぶん、かあちゃんの視線で観ていたのかなあ、って思う。

大切な大切なわが子が、
この世からいなくなってしまうかもしれない・・・
ちょっと想像しただけでも、
血の気が引いて、動悸が止まらなくて。

苦しそうな姿をみても辛いし。
おだやかな寝顔をみても、きゅっと胸が締め付けられた。


今回観た時は、それが違ったの。
耕太くん側から、観れたのかな。

悲しいより、苦しいより、
愛しい気持ちをたくさん感じたんだ・・・

家族旅行の途中で倒れ、
再発したことがわかって、
今後の治療方針を担当医の先生と話すシーン。

「死ぬことは、終わることじゃないですよね」

その表情を見て。

あ、耕太くんは、移植が成功してから、
それまでの一年あまりの時間を
大切に生きてきたんだ、って。

また奪われてしまう不安と背中合わせの中でも、
なんてことのない平穏な一日を
いとおしんで生きてきたんだ、って。

ドラマではほとんど描かれなかったその日々を
強く感じることができたんです。

その日々があったから、
耕太くんは、自分の死を受け入れることができた。

そして残された日々を、
愛する人たちのことを想って過ごすことに決めた。


今、医療が発達して、
昔は不治の病といわれた病気でも
治って、また元気に暮らすことができるようにできることも多くなって。

それは、本当にありがたいことなんだけど。

医療におまかせしなければいけない部分が多くなりすぎて、
取り残されたように感じているご家族もいるんじゃないかなあ、と思うのです。

ほんのちょっと昔までは、
死というのは、日常のすぐ近くにあるもので。

ただ食べるものがないだけ。
ただ医師にみてもらうことができないだけ。
手を尽くすこともできずに、
そんな理由でも、人は亡くなっていった・・・

ただ、家族や身近なひとが
心をこめて見送るしかできないことも多かった。


ふと、宮沢賢治の「永訣の朝」を思い出しました。

死ぬといふいまごろになって
わたくしをいっしゃうあかるくするために
こんなさっぱりした雪のひとわんを
おまへはわたくしにたのんだのだ
ありがたうわたくしのけなげないもうとよ
わたくしもまっすぐにすすんでいくから

あめゆじゅとてちてけんじゃ



死の間際
何もしてあげられないと悲しむ兄に
雪が食べたいとお願いする妹


耕太くんが、最期の日々を家で過ごすことに決めたのは、
耕太くん自身の望みであると同時に、
家族に「わがまま」を受け入れてもらうことで
家族の心も救うことになったのではないかな。



若くして病気になり、
この世を去らなければならないことは、
確かに悲しいことで。

医療の進歩によって、
救われる命がある半面、
また新たな苦しみが生まれていることも事実だけれど。


病気で身も心もしんどい状況でも
まわりの人々への優しさを忘れず。

自分に必要なものは何か。
医療との程よい係わりを選ぶことができて。

大切な家族と最期の時間を穏やかに過ごすことができた。

耕太くんの人生は、
決して不幸なんかじゃないよね。


このドラマに込められた想い。
私はどれだけ受け取れたのかな・・・

耕太くんは、自分の感情を表に出さない役だったけど、
智くんは役に入る過程で
耕太くんの悲しみも葛藤もじっと抱えていたんだろうね。


メイキングは、まだ一度しか観ていないのだけど、
監督のほんのひとことを瞬時に理解して
演技が変わっていく様子。

なんというか・・・
これ、適切な表現か分からないんですが、
そんな智くんにゾクゾクしました。



言葉にするって難しいね~
家族がドナーになることとか、
えっちゃんのこととか、
まだまだ感じたことはあるんだけど、
それは、まだ自分の中だけに置いときますねf(^_^;


ただね、これだけは言いたいんだ。
耕太くんからあんなに愛を感じたのは、
それは演じた智くんが愛溢れるひとだから、ってこと。

うん。
そうなんだと思う(T▽T)


最後に。
「今日の日はさようなら」をまだちゃんと観れないよ。
向き合えないよ、という方に・・・

ツライ気持ち、ムリしないでくださいね。
耕太くんは、静かに待ってくれますからね。
抱えた悲しみを忘れさることはないでしょうが、
少しでも癒えることを願っています・・・





☆ご訪問ありがとうございました^^☆
お時間あれば、ポチっとしていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
ブログランキングならblogram

スポンサーサイト
 
ぼたん #-
 
楓さん、こんばんは♪

コメントするのは久しぶりのような…(苦笑)
ごめんなさい。なかなか、コメントする時間がなくて
でも、おじゃましてはいるんですよ。
訪問記録を残していない時もありますが(;^_^A

最後の一言、心に染みました。
私も24テレビ以来、耕太くんを観ることが出来なくて。
だから、DVDも買ってません。
録画してあるドラマの時間帯も手を付けてない状態で。
何年後、何十年後になるかわからないけど、耕太くんをもう一度観られる日が来るといいなぁ…と楓さんの一言で思いました。
いつになるかな…待っていてね。耕太くん。

また、遊びに来ますね♪
にょろにょろ #amXlFcx2
 
はじめまして、いつも読み逃げをしている者です。
すてきな文章でした。
私はリアルタイムで一度観たきりで、DVDが届いてからはメイキングしか観ていません。確かに辛い気持ちになってしまうと思い一歩が出ない感じです。
智くんの演技が凄過ぎましたから....撮影の頃、他の番組で見ても死相が出ていましたよね。
実は、ドラマ放送の前に学生時代の友人から珍しくメールが来ました。「私たちの後輩が、ドラマのモデルになった青年のケアに関わっていましたので是非観てね。」ということでした。私が強烈な嵐オタクだと知らないので一瞬笑ってしまいましたがね..。
世の中って繋がっているんだなあと感じた出来事でした。
専門知識を忘れてしまうぐらい長い専業主婦生活を送っていますので、どうしても家族寄りの気持ちになり辛くなるような気がします。でも、智くんの素晴らしい演技をもう一度確認しなくてはいけませんね!観てみます。
楓*kaede* #-
ぼたんさん 
ぼたんさん、ご訪問とコメント、ありがとうございます^^

「今日の日はさようなら」を観れないって方
ほんとに多いですよね・・・

理由は人それぞれかと思いますが、
智くんの演じる耕太くんがあまりにもリアルで
心の奥にしまってあった感情が呼び起こされてしまうんでしょうね。

ぼたんさんが、次に観るときまで、
耕太くんは優しく微笑んで待っていてくれますよ^^
楓*kaede* #-
にょろにょろさん 
にょろにょろさん、はじめまして^^
この記事は、こんな稚拙なものでも、
この一週間くらい自分と向き合って書いたものなので、
こちらに初コメントをいただけてとても嬉しいです。
ありがとうございました。

にょろにょろさんも、観れなかったんですね・・・
そうなんですよね。
智くんの演技、もう演技とは思えなかった(T_T)

にょろにょろさんは、医療に携わっていらしたのでしょうか?
後輩さんで繋がったご縁、びっくりですね!
原作の昌彦さん、関わったスタッフさんにもきっと愛されていたんでしょうね。

智くんが演じた耕太くんを通して、昌彦さんにも出会えた気がします。
亡くなられてからなのは切ないですが、
こんなに素敵な青年がいたことを知ることができてよかったです。

これから、またご覧になるんですね・・・
よかったら、またいらしてくださいね(о´∀`о)
#
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
楓*kaede* #-
Yokoちゃん 
Yokoちゃん、いらっしゃいませ~♪
コメントありがとうございました。

きっとYokoちゃんはドラマを観ても泣きっぱなしで、
コメントも書けないんじゃないかなって思ってた。
それなのに、気持ちを届けてくださって感激です・・・

「精一杯演じさせていただいております。」
原作者のご家族への智くんの言葉。
私も感動したよ~
智くんは、ご家族が本にして残したかった昌彦さんの気持ちを
ちゃんと汲み取り、演じてくれたんだと思います。

「俳優大野智」は、いつも完全に役に入りこむから、
こういう役の時は本当に切ないね・・・
よーこ #-
楓ちゃん。 
こんばんは。
楓ちゃん。私も、観れてないんです。
特典映像すら観てないんですよ。

あの、リアルタイムでしか…。
結局今日も、休みなのに観れなかった。

やっぱり…重ねてしまう気持ち。
あるんです…。

あ、私ゴトですが…(次男が)料理人になりたい。もダブルし。

かーちゃん役の岸本さんが同じ年だって事も…。

そして、息子が亡くなってしまう。
一生懸命生きた…。

ワンワン泣くタイプではないんですが…じわじわっと。

でも、観るよ。勇気を出して観てみます。

だって…VSのカゴがすごく重く感じる程痩せて、
真剣に演じきった智さん。
観ます。
どうしようかな…。と思っていた背中を押してもらった感じです。
楓*kaede* #-
よーこさん 
よーこさん、こちらにもコメントいただきありがとうございました。

息子のいない私でも母のような気持ちになるのに、
料理人をめざす息子さんがいらしたら、
それはだぶってしまいますよね・・・

よーこさんは介護もされていて、
命について考えられることも多いのではないかと思います。
だからなおさら辛いこともあるのかなと。

タイミングってありますよね。
よーこさんなら、私の気づけない耕太くんにも
会えるのではないかな?
でも、辛い気持ちはどうか無理されないでくださいね。

秘密にする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。