スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テーマは「大野智×釣り」☆大ちゃんと栗ちゃんの船上トーク☆2日目 
10月23日(火)のARASHI DISCOVERRYです!

  

大>番組10周年記念。大ちゃんと!
栗>栗ちゃんの!
二人>船上トーク!イエイ!
(拍手)
大>この拍手おもしろいな。ええ~、ということで、これ、屋形船ですよ。
栗>はいっ、濱進。
大>濱進さん。ええ、トーク。栗原さんと二人でっていうの。
栗>はあい、もう今週お邪魔しちゃって申し訳ないぐらいですけどね。
大>10周年ですよね、さあ。
栗>ということで、あの、10周年を振り返る、テーマを毎回、わたくしが今週は出させていただきます。
大>はい。
栗>今日はですね、大野智にとって、「釣り」とは。
大>お!釣りかあ。2007年ぐらいから始めたんだよね、僕。
栗>ええ~。ああそういう話興味深いですねえ。
大>うん。で、最初横浜の船乗ってて。
栗>えええ。
大>だから。船の上から、夜だったから、よく乗ってて、見えるわけ。
栗>あ、あのランドマークのスタジオ、っていうかね。
大>ランドマークも、観覧車も。
栗>うんうん。
大>いつもだったら、ランドマークから海見る、とか、
あの、ベイブリッジから海見るけど、船の上から、真上にベイブリッジがあったり。

栗>海から町を見るっていう。
大>そ。それが、まずたまんなかったのと。あと、誰もいないっていう。
邪魔されるものがない。で、釣りも好きだし、ってゆうとこからハマっちゃった。

栗>リアルですね。
大>リアル。
栗>や、すごく気持ちわかります。
大>うん。だから、仕事終わってからでも行ける、ってこと、わかったから。
栗>は~。
大>なんか一日休みないといけないイメージだったんだけども。
あ、全然、知り合いが、「仕事終わってからでも行けるよ」みたいになったから、もう、行き放題です。

栗>ああ~、ま、健全ですよね。
大>健全、健全。
栗>だって仕事終わってみんなね、一杯呑みに行くかって、社会人の人とかもね。
大>うん。
栗>そうよ、釣りに行くんですから。
大>釣りに行っちゃう。
栗>マリンスポーツ、アウトドアスポーツに行ってるわけですよ。
大>そう、行っちゃって。ま、呑んじゃってるけどもね。
栗>だっ(笑)
大>んふふ。船の上でも。結果。
栗>(笑)
大>でもね、あのほんとにね。もう、二千…もう何年経つんだろ。
栗>え、5年ですね。
大>5年もやってんだ、俺。
栗>そ。
大>栗原さんやらないの?
栗>僕は、今日教わろうかなぁと思ってですねぇ。
大>あっ。
栗>はい。
大>や、絶対ハマると思う。
栗>ほんとかなあ。
大>やあ、ほんと。
栗>じゃ、逆になんで。その、ま、釣りそのもの。純粋に釣りはどうしてハマったんすか?
大>そら、子供の時から、よくお父さんと。連れてってもらって。
栗>あっ、やっぱ経験があって。
大>好きで。嫌いじゃなかったけども。
そっから、も、何十年とあいて。で、やっぱ好きで。で、海釣りは、やったことなかった。

栗>おお。
大>釣り堀とか川だったんだけど。
栗>あ~。
大>ほんで、海経験しちゃったらもう、完全にハマっちゃった。
栗>ハマっちゃった。
大>食えるし!
栗>あっ、いただいて。
大>その場で。
栗>あ、え~、さばいて?
大>さばいてとか。
栗>ああ。
大>それにハマっちゃった。
栗>その海釣りの良さはなんだったんですか?
食べる以外で。なんか、こう、よくね、引っかかった時、瞬間の感触とか。
大>感触。ま、それも。たまたま、最初釣ったのがね、60センチぐらいのスズキだったんだけども、
そんな魚が、正直、海にいるんだっていうことすらわかんなかったから。マグロとかは知ってるけど。

栗>うんうん。
大>横浜で、60センチの魚が釣れるなんて、おもっ…知らなかったから。
栗>え、それは大きいってことですか?
大>大きいってことで。
栗>あっ、イメージより大きかったんだ、60センチは。
大>そう。そんなの釣ったの初めてだったし。すごい引きだったから。
あ、これは、も、たまらんな、と思って。

栗>へぇ~!これはいい話ですねえ。
大>うん。結構多い。こういう人。
栗>あっ、そうですか。
大>海にはそんなでかいのいるんだ、だから60センチって。
栗>60、ま、肩幅、もうちょっとあるぐらいかなぁ。
大>って言うと「でかっ」って言うのよ。やっぱ、最初そういうイメージみたいで。
栗>へえ。
大>今となっちゃ、60センチ、あーあーあーってなっちゃうけど。
栗>ああ。もうベテランになっちゃってね。だいぶ。
大>ああそお。みたいになっちゃうんだけど。
栗>すごおい。じゃあ、あの最後にこれを聞いているですね、
これから釣りをやるという人、もしくは私にですね、オススメの〆のひとことをお願いします。
大>まずは、船に乗って様子を見ろ。
栗>(笑)地道ですね、はい。
大>)酔うか酔わないか、みたいな。
栗>そっからになっちゃいました。
大>そっからね。
栗>はい。
大>以上、大野智でした!(笑)

  

釣りの話は、やっぱり楽しそうだなあ~

私も釣りをしたのは、子供のころ、父に連れられて行ったきりで、
防波堤で疑似餌を使って10数センチくらいの魚しか釣ったことがないから

60センチの魚を釣ったら、テンション上がるだろうな~^^

う~ん、でも、船にのったら酔いそう

耐えられるか、耐えられないか、だな。

大野フィッシングクラブの船で、会長が教えてくださるなら
耐えられる自信、あります(笑)



スポンサーサイト
 

秘密にする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。